薄毛を復活させる為の方法

薄毛を復活させたい

 

年齢とともに薄毛が増えてきた・・・。
朝起きると枕元に
沢山の抜け毛が落ちるようになった。

 

このように薄毛がひどくなってきたことで昔のように
ふさふさの髪の毛に復活させたいと
思う方は多いのではないでしょうか。

 

このサイトでは薄毛を復活させたいと
考えている人の為に
薄毛を復活させるためにできる対策を紹介していきます。

 

薄毛を復活させたい

 

薄毛を復活させるには全部で3つの方法があります。
私も実際に試して効果があった方法ですので是非試してみてください。

 

薄毛を復活させる為にはまず生活習慣を徹底する

 

生活習慣は髪の毛への影響が高い事はご存知の方も多いと思いますが
実際に生活習慣を徹底できている人は少ないと言えます。
薄毛やはげに良い生活習慣を徹底することで薄毛を復活させられる
可能性が高まります。
nukegeotousan

薄毛を復活させるための生活習慣

@早寝早起きを徹底して睡眠時間を確保する

 

正確には睡眠不足が薄毛には悪いのですが早寝早起きを徹底して
しかっりとした睡眠時間を確保することで髪の毛に良い影響を与えることが出来ます。
睡眠中に髪の毛を成長させる成長ホルモンが髪の毛全体に
広がる為睡眠時間は髪の毛にとってとても重要なファクターとなっています。

 

仕事がら睡眠時間が少なかった人が転職をして髪の毛の量が
復活したという実例もあります。

 

生活習慣は髪にとっても負担が大きい

 

薄毛の天敵!タバコとアルコールを控えよう

 

喫煙は髪の毛にとても大きな悪影響を及ぼします。
タバコに含まれるニコチンは血管を地締めてしまうので
ニコチンを摂取することによって頭皮の毛細血管の血の流れを悪くしてしまいます。

 

煙草をやめたら薄毛が復活したという人もいます。

 

アルコールはタバコと違って直接体に悪いというわけではありません。
ですが間接的には髪の毛に大きな影響を及ぼします。

 

アルコールを大量に摂取してしまなかなか眠れないという事を
経験したことがある人は多いのではないでしょうか?

 

私もそんな一人なのですがどうしてもお酒を飲み過ぎてしまうと
なかなか寝付けなかったり、すぐに起きてしまったり、十分な睡眠を
とることができません。
先述した通り睡眠不足は薄毛の復活の妨げになりますので
アルコールは髪の毛に悪影響を及ぼすこととなります。

 

また、摂取したアルコールを分解するにもエネルギーを使います。
本来、髪の毛にいきわたるはずのエネルギーをアルコールの分解に使ってしまう
事になりますので髪の毛へ悪影響を及ぼすのは当然です。

 

タバコとお酒についても薄毛を復活させるにはなるべく控えることを
お勧めします。

 

育毛剤や育毛シャンプーで毎日のケアを怠らない

 

薄毛を復活させるための一番重要なファクターが
「髪の毛のケア」です。

 

薄毛を気にしていても意外としていない人が多いのですが
髪の毛はしっかりと手入れをしてあげることで改善が
可能です。

 

育毛シャンプーは薄毛の復活に効果的?
育毛シャンプー自体に薄毛を復活させる効果はありません。

 

ですがまったく髪の毛への効果がないというわけではありません。

 

薄毛が目立ってきた人の頭は頭皮が赤くなってしまっていたり
ふけや汚れがたまってしまっていたり、髪の毛がふさふさの人と比べて
頭皮の状態が良いとは言えない状態です。

 

毛穴に汚れが詰まってしまっているので当然髪の毛の発育へも
悪影響です。

 

いわば育毛シャンプーは薄毛を復活させるための準備のために
必要な物と認識してもらえれば大丈夫です。

 

畑が整備できていなかったら野菜が育たないように
頭皮、髪の毛の状態が悪いのに薄毛が復活するわけがないのです。

 

まずは状態を整えて髪の毛を増やすための準備をする事が大切です。

 

育毛剤を使って薄毛を復活させる

 

薄毛を復活させる、髪の毛を増やすためには一番効果があり
厚生労働省や国が認可している育毛への方法が育毛剤を
使うという方法です。

 

育毛剤は育毛シャンプーと違って医学的な効果も認められていて
その作用は
男性ホルモンを抑制させる、血管を拡張して血流を良くしてくれる、
髪の毛の保湿効果を高める、髪の毛に重要な栄養分を補給してくれる、
育毛シャンプーで整えた頭皮の環境をさらに良くする。

 

など様々な効果があります。

 

育毛剤を使ったからといって1週間とかの短期間で改善できるという
わけではなありませんが薄毛を復活させる一番の
方法なのは間違いありません。

 

薄毛は食事の影響は薄毛に効果大!

usuge-tsurai
薄毛を復活させたいと考えて一番取り組みやすいのが食事療法です。

 

・食事による薄毛・抜け毛対策
薄毛対策として一番気を付けなければいけないのが、食事のバランスです。つまりバランスの良い食生活を送るということです。
健全な育毛には食生活の改善が必要となってきます。
ビタミンとミネラルが豊富な黄緑色野菜やアミノ酸を多く含むたんぱく質などを毎日バランよく摂取することです。
これにより薄毛の改善に繋がるのです。

 

薄毛になりやすい食事方法ですが、血流を悪くする、脂質を過剰摂取する、肥満になりやすい食べ方をするといったことが髪の毛には悪い食事方法です。
髪の毛も生きています。
血液から栄養素を取り込んで細胞分裂を繰り返していますので、血流が悪いと髪がうまく生えてこなくなります。
また皮脂が過剰分泌すれば毛穴が詰まりやすくなり、薄毛・抜け毛の原因となります。

 

・薄毛対策に欠かせない食べ物
バランスの良い食生活は薄毛予防では一番大切な行為です。
髪の毛も他の細胞と同様に、食事などで体内に吸収された栄養素で育っています。
そのため、髪の毛を健康に保つには食事が大きく関係してくるのです。

・薄毛予防に効果的な栄養素
髪の毛を若々しく保つための栄養素には、たんぱく質・ビタミン・コラーゲン・亜鉛が欠かせません。
たんぱく質は、髪の毛の基本となるのがケラチンで、高純度のアミノ酸を含んでいます。
これを含んだ食品には肉類・魚類・大豆・乳製品などがありますが、肉類を中心にするのではなく、魚類や大豆製品を中心にする方がよいと言えます。
次に、ビタミンですが、A,E,PとB群があります。
ビタミンAは緑黄色野菜、ビタミンEは玄米・ゴマなどで、あまり聞き慣れないものですがビタミンPは柑橘類です。
ビタミンB群は豊富な栄養素を含む豚肉をはじめ、レバーや大豆などでも摂取することが出来ます。
コラーゲンは肌や髪の毛にハリと艶を与える効果があり、長芋・レンコン・納豆など粘り気のある食物に多く含まれています。
最後に亜鉛は髪の毛を作る時に最も必要とされる栄養素で、レバーや貝類に多く含まれています。

これらの食材の栄養バランスを考えて摂取することで、健康的な髪の毛を維持することができます。
ただし、くれぐれも塩分の取り過ぎには注意して下さい。
塩分の取り過ぎにより、高血圧や腎臓機能の低下を引き起こし、血流が悪くなり頭皮にも悪影響を与えますので要注意です。

 

いかがでしたでしょうか?

 

薄毛は病気ではありませんので上記で述べてきた
方法を愚直に繰り返していくことで必ず復活できると
私は考えていますし私の場合も薄毛で悩んでいて本当に
人と会うのも怖くなってしまっていましたが薄毛を復活させたことで
人生が変わった一人です。

 

是非上記3点をしっかりと行って薄毛を復活できるように頑張っていきましょう。

 

薄毛対策はまずケラチンと食べ物の事を考える

 

 

髪の毛の基本となる成分はケラチンというものです。ケラチンは、質の高いアミノ酸を含んだタンパク質です。

 

そのため、良質のたんぱく質をとることが、薄毛対策に効果的です。具体的には、鶏肉などの肉類や卵、カツオやマグロ、ツナなどの魚類、納豆などの大豆製品、チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品などです。

 

ツナには、たんぱく質の他にも、ビタミンB群も含まれており.薄毛対策には良い食べ物です。

 

ビタミンAや、ビタミンEなどのビタミン類も、頭皮の血行を促進するので、抜け毛予防に役立つ栄養素です。ビタミンAを多く含む食品は、にんじんや、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜です。玄米や、ごま、アーモンドやカシューナッツ、くるみなどのナッツ類、 たらこや、いくらなどの魚卵にはビタミンEが多く含まれています。
また、頭皮の新陳代謝を高める働きをするビタミンB群も薄毛には有効な栄養素です。ビタミンB群は、豚肉や、レバー、マグロ、大豆、バナナなどに多く含まれています。ですので、おやつには、アーモンドなどのナッツ類やバナナを食べるのがおすすめです。

 

ミネラルを多く含む海藻類も、薄毛対策には欠かせない栄養素です。具体的には、わかめや、ひじきなどがありますが、特にひじきは、鉄分を多く含む食品で、育毛の他にも、美肌効果や、疲労回復の効果もあります。

 

髪の毛にハリやツヤを与えるコラーゲンも、抜け毛には大切な成分です。 コラーゲンは、長芋や、れんこん、納豆や、オクラなど粘り気のある食べ物に多く含まれています。

 

また、髪の毛を作る際に大切な栄養素として、亜鉛があります。亜鉛が不足すると、うまく髪の毛が作れないのです。亜鉛は、牡蠣やレバー、魚介類などに多く含まれています。

 

これらの食品をバランスよく食べることが、薄毛予防にとって大切です。

 

逆に、薄毛に良くない食べ物は、塩分や糖分の多い食べ物、揚げ物などの油っぽい食事、コーヒー、カレーなど香辛料を含んだ刺激の強い食べ物です。これらの食品はできるだけ避けた方が良いです。

 

髪の毛は、食事などで体内に吸収された栄養素を使って作られています。ですので、食べものを気をつけることによって、薄毛を予防することができるのです。

 

薄毛についてこれまで総合的に解説してきましたが一番参考になるのは薄毛対策ガイドでしょう。現役の美容師が監修していて分かりやすいので参考にしてみると薄毛のあれこれが分かるかもしれませんね。

 

参考
薄毛対策ガイド公式サイト