食事や運動や趣味でも薄毛に効果があるんです

髪の毛の悩みを持っている方は多いと思います。特に、薄毛で悩んでいる方が増えてきているのが現状です。
そこで、薄毛を予防するにはまず生活の習慣を見直す必要があります。

 

・質の良い睡眠
髪の毛は、毛根が細胞分裂することで作られています。
毛根に成長ホルモンが増加を始めるのが就寝する時刻前後です。
睡眠時間が短い生活環境が続くと、毛根を太くし髪を成長させるための活動時間が奪われてしまいます。
理想的な睡眠時間は6時間〜7時間と言われています。
しかし、仕事に追われたり付き合いによって睡眠時間が思うように取れない場合は、必ず寝るコアな時間帯をしっかりと決めておくのです。
つまり、睡眠リズムをしっかりと確保しておくことです。
つまり、毎日定期的に睡眠時間帯を確保することが大切です。

 

・栄養バランスを考えて
髪の毛の幹部にあたる成分はケラチンというたんぱく質で構成されています。
このたんぱく質が不足すれば髪の毛は十分に育たなくなります。
近年の食生活は欧米化が進みまたレトルト食品の発展により、食生活が乱れてきていると言われています。
食生活の乱れから起こる栄養の偏りや不足が多くなってきています。
たんぱく質が必要だと思いそれだけを取ればよいというものではなく、代謝機能を活発にするためにビタミン、ミネラルといった栄養素も必要となってきます。
獣肉、魚介類、緑黄色野菜をバランよく摂取することにより髪の毛に栄養が補給され、太く、健康的なツヤのある髪の毛を維持することができるのです。

 

・正しくストレスを発散しよう
現在社会はストレス社会とも言われています。
実はこのストレスも髪の毛には大敵です。
ストレスにより交感神経が過敏に働いている際には、血管は収縮してしまい血圧が高くなります。
血管収縮は髪の毛にとっては大敵ですので、しっかりとリラックスモードに切り替えてやり、ストレスにより収縮した血管をもとに戻してあげることが大切です。
口で言うのは簡単ですが、イライラや怒り、不安、焦りなどそう簡単に取れるものではないですよね。
そこで簡単な方法として、深呼吸しながらのストレッチが有効的です。
また、リラックスタイムを設ける、仕事などを忘れて、楽しめる趣味を見つける、気持ちが落ち着く時間や場所を確保する、スポーツや軽運動(ラジオ体操なども効果的)などで汗をかいてみるなど、精神的なストレス発散に加えて体もリラックスさせることも大切です。
ここで注意しなければならないのが、何も考えずに集中できるものを探すことが大切です。