薄毛はヤバい!と思ったときに即行動!髪が少なくなってからでは遅い!

髪の毛が少ない、薄くなり始めたと気になりはじめたらすぐに育毛のケアをする必要があります。
薄毛対策には、初期のケアが最も効果的ですので、手遅れになる前に対策をとっておきましょう。

 

・進行してからでは手遅れです
気になり始めたら何故初期の対策が必要なのでしょうか?
それは、薄毛・脱毛をそのままにしておくと、毛乳頭が死滅してしまい、発毛しない毛穴が出来上がってしまいます。
よく、「最近、薄くなってきた」とか「髪の毛が少なく感じてきた」という話を耳にします。
しかしこれは、頭髪が細くなってきているだけのことが多くあります。

 

髪の毛1本1本が弱って細くなっているために、髪の密度が低くなってハゲてしまったように感じるのです。
細くなった髪の毛をどうすればよくなるのかですが、髪を作るための栄養をしっかり供給して頭皮環境を整てあげることです。
そうすることで細くなった髪の毛も元の太さを取り戻してくれます。

 

・初期の兆候をしっかりと確認
薄くなった、ハゲてきたと感じてきたときには手遅れという場合もあります。
まず、初期の兆候をしっかりと認識することが大切で、これを認識することができれば早期のケア(治療)を始めることができます。

 

では、初期の兆候をどのようにして認識すればよいかですが、まず朝起きると枕や敷布団に抜け毛が目立つようになった、シャンプー後に、排水溝に皮脂の塊が多くある、抜け毛が以前よりも細くなってきたなどこのような症状が出てきだしたら薄毛の第一段階といえます。

 

・育毛ケアで効果的なものは、育毛専用シャンプーや育毛剤
育毛ケアの第一段階は、シャンプーの見直しです。
現在使っているシャンプーを見直し育毛専用のシャンプーに替える必要があります。
一般のシャンプーでは髪や頭皮への刺激が強すぎ、また脱脂力が弱く、頭皮や毛穴に皮脂汚れが残ってしまう恐れがあります。
逆に脱脂力が強すぎると、過剰に皮脂を落としてしまいます。
私は丁寧に洗髪していると思っている方でも、実は育毛ケアとしては効果が足りないという可能性があります。

 

次に考えられるケアとしては、育毛剤を使用するという方法です。
育毛剤には様々なタイプのものがあります。
しかし基本的な働きは同じです。
育毛剤の効果としては、髪を作るために必要な栄養を補給する、毛乳頭を刺激して働きを活発にさせることにより、発毛を促進させます。
また、血行や新陳代謝を高め、頭皮環境を整えて向上させてくれます。

 

薄毛というものは原因が一つとは限らず、複合的に合わさって起こっていますので、それらの原因に幅広く対応できるように育毛剤や育毛シャンプーを選ぶことがポイントなります。